ビールサーバーのご利用方法

1.備品の確認

必要部品がそろっているかご確認ください。
●ビールサーバー本体
●ビール樽
●炭酸ガスボンベ
●付属レンチ
●クーラーボックス
(アイススコップ、バケツ含む)

2.サーバー本体の冷却

 はじめにサーバー本体を冷却します。氷冷式ですので、冷却にはクーラーボックスに入れた氷を使用します。
 サーバーの上部のフタを開けていただくと画像のように冷却板が入っていますので、冷却板が完全に見えなくなるまで氷を投入してください。完全に冷却されるまで夏場で15分程度かかります。
 ご使用中は冷却板が見えないぐらい氷が入っているとよく冷えたビールがお楽しみいただけます。

3.接続ヘッドについて

ガスボンベにはこちらのヘッドを接続します。

ビール樽にはこちらのヘッドを接続します。

4.ガスボンベの接続

①ガスボンベ側のヘッド接続部分はネジ式になっています。サーバーヘッド側のボルト部分をボンベのネジ部分に当て、回転させてください。はじめは手で仮止めするほうが簡単です。

②ボルトがある程度回転し、手で回らない位置までネジが締まったら、付属のレンチを使用してしっかり最後まで固定してください。ネジが甘く接続が不十分だとガス漏れ等の原因になります。

③ガスは二酸化炭素なので漏れても危険性は低いですが、無色無臭のため室内等でのご使用は十分に換気を行い注意してご使用ください。

こんな感じになります。

5.ビール樽の接続

ビール樽上部のラベルをはがすと、画像のように2本のツメが確認できます。このツメ部分をビールサーバー側のヘッドにあるミゾに合わせ、ヘッドを時計回りに回転させます。

ヘッド側が最後までしっかりと固定されているか確認してください。接続が不十分だとガス漏れや、ビールの液漏れの原因となります。

​この時点ではまだ樽は未開栓の状態となります。

これをツメに引っ掛けて時計回りに回し、しっかり固定ます。

6.ガスボンベの開栓

各部の接続が完了したら、ガスボンベとビール樽を開栓します。

まずガスボンベ用ヘッドのダイヤル部分の赤い矢印が「閉」の部分で完全に閉栓しているか確認してください。

確認できましたら、ガスボンベ本体の上部のコックを開栓します。表示の「OPEN」の矢印の方向(反時計回り)に元栓を回します。この時、元栓は全開にしてください。ガスの強さは後述のダイヤルで細かく調整できます。

7.ビール樽の開栓

元栓を開栓したら、次はビール樽を開栓します。

​先ほど接続した、サーバ用ヘッドの上部分のつまみを時計回りに回転させ、下部のレバーと並行になるようにしてください。

この時点でビール樽が開栓状態となりますので、返品交換の対象外となりますのでお気をつけください。

8.ガス圧の調整

最後に、ガスボンベ用ヘッドのダイヤルでガス圧を調整します。

ガス圧は通常、ダイヤルの15~20の間で正常に利用できます。当日の気温や気圧によって誤差が生じる場合もございますので、使用しながら調整してください。

参考)

ビールの勢いが強くて泡が多くなってしまう→ガス圧を弱く(15前後)

ビールの出が弱く、そそぐのに時間がかかる→ガス圧を強く(20前後)

以上でビールサーバー使用の準備は完了です。

ビールサーバー本体の蛇口部分のコックを手前に引けば、冷えた生ビールがお楽しみいただけます。

コック部分を反対側に強く押すと、ビールの泡を作ることができます。お好みでご利用ください。

​注意事項

 使用中は氷の残量、ガスの強さに注意してください。

​ ご使用中に不明な点や、不良個所等ございましたら、お手数ですが下記番号までご連絡ください。
 関谷商事(提携業者 9:00-18:00) 0287-36-0135
 現地電話対応係        080-7623-3664

​​ ビールサーバー本体および付属品等の破損、紛失につきましては、場合によっては保証代金を頂戴する場合がございますのでご注意ください。

 また、使用中の事故及び怪我などに付きましては一切責任を負えませんことお伝えさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました